無資格でもヨガインストラクターとして働ける?現講師が資格の必要性を解説

ヨガインストラクターRina
スタジオでレッスンを行う多くのヨガインストラクターは、専用の資格を持って活動ています。

でも、その資格って本当に必要なのでしょうか?

知識さえあれば、資格がなくても活動できそうな気もしますよね。

そこで今回は、ヨガインストラクターは無資格でもできるのか否かについて解説します!

ヨガインストラクターを目指している方、必見です!

資格が無くてもヨガインストラクターになれるって本当?

ヨガインストラクター 資格なし

結論から言うと、無資格でもヨガインストラクターとして活動することができます。

国内にはいくつかの認定資格が存在していますが、それ相応の知識があれば問題ないのです!

”資格と同等の知識”というと、具体的には解剖学の知識やポーズの名前・効果、そしてインストラクションスキルなど。

これらの知識量&実技レベルが一定以上と認められれば、正社員として採用されることもあります。

また、独自の資格を設けているスタジオであれば、無資格&知識なしでも就職できる可能性が高いです。

その場合は社内研修を経て、インストラクターとしてデビューします。

ヨガインストラクターの資格は全て民間資格!国家資格は存在しない

現在、国内にはいくつかのヨガインストラクターの資格があります。

世界でも通用する「全米ヨガアライアンス」などもありますが、実は全て民間資格

国家資格とは異なり法律などの規定がないため、どなたでも取得することができます。

「じゃあ、知識があれば資格なしでも余裕で活動できるのでは?」と思った方!

実はそうとも限らないのです・・・!

【雇用形態別】資格があった方がいい人は?

ヨガインストラクターの資格をもつ一番のメリットは、「知識・技術の証明」です。

上記でも説明した通り資格なしでも活動はできますが、証明できるものがないと困るケースもあるのです。

雇用形態別でご紹介いたしますので、インストラクターを目指す方はぜひチェックしてみてください!

アルバイトの場合

フィットネスクラブなどで、スタッフとしてアルバイトをしつつヨガインストラクターをする場合は、資格なしでも活動できる可能性が高いです。

なぜなら、内部の人に希望を伝えやすい上、実力を披露しやすい環境にあるからです。

タイミングが合えば、すぐにレッスンを持たせてくれるということも少なくありません。

ヨガインストラクターRina
私自身も最初はフィットネスクラブのスタッフとしてアルバイトからスタートしました。

始めはマシンの説明やトレーニングの案内のみの活動でしたが、徐々にスタジオレッスンに興味を持ち、「ヨガやりたい!」と一念発起!

社員の方にお願いして簡単なレッスン研修を受け、インストラクターとして活動を始めました。

しかしながら、フィットネスクラブで働く場合、主な業務は入退会手続きやお客さんのご案内です。

その合間にちょこっとレッスンを行うというのが、基本的なスタンス。

「ヨガインストラクター」というよりは、「ヨガもできるフィットネスクラブのスタッフ」という方がしっくりくるかもしれません・・・。

フリーとして働く場合

フリーのヨガインストラクターというのは、様々なスタジオやフィットネスクラブを回りながらレッスンを行う働き方を指します。

この場合は、資格があった方が圧倒的に有利です。

採用にあたってはデモレッスンを元に合否判定を受けますが、資格を持っていないと履歴書の段階で不採用にされてしまう可能性があります。

つまり、知識やスキルを披露する機会が与えられないということ。

それではいくら実力があっても意味がないですよね。

ヨガインストラクターRina
私は現在フリーで活動していますが、やはり資格があるのとないのでは採用のされやすさが違います。

「ヨガのレッスンできます!」と口だけで言うのは誰にでもできちゃいますからね・・・。

しかし、スタジオレッスンではなく、友人や知人にヨガを教えるプライベートレッスンのみを行なっていくのであれば、資格なしでもフリーで活躍できる可能性があります。

私も最初は友人や知人へのプライベートレッスンを中心に行なっていました。

そこからまた紹介してもらい、徐々に活動の範囲を広げていく・・・という感じです。

運が良ければポンポンと仕事が舞い込みますが、それには人脈やフットワークの軽さが必要不可欠。

なかなか思い通りにはいかないかもしれません。

でも、口コミ次第では人気が出ることもあります!

キャリアを積むこともできるため、うまくいけば活動の幅がグンと広がりますよ^^

正社員の場合

正社員のヨガインストラクターは、一つのグループスタジオのみでレッスンを行うという働き方です。

この場合、スタジオ独自のインストラクター養成メソッドを持っているところであれば、資格なしでも働くことができます。

就職と同時に様々な研修を受け、テストに合格するとインストラクターとして認められるのです。

一社で働いていく分には十分なのですが・・・実は転職しようと思った時が大変。

他で通用する資格がないので、同じように独自の研修プログラムがあるスタジオに転職するか、資格なしでもデモレッスンをさせてくれる場所を探すことになります。

一方、独自の養成メソッドがないスタジオであれば、資格があった方が圧倒的に有利。

フリーで活動する場合同様、実力を証明するものがないと履歴書の段階で不採用になる可能性が高いのです。

「資格保持=有利」は間違いない

以上、資格なしでもヨガインストラクターとして活動できるのかどうかについてまとめました。

上記でもご紹介した通り、資格がなくても活動すること自体は可能です。

しかし、レッスンを持つまでに時間がかかったり、ある程度の人脈が必要だったりと決してラクな道のりではありません。

資格があれば誰にでもスキルを証明できると同時に、資格を取得するためにしっかりと知識を得ることもできるので、自分自身も自信を持って活動することができます。

ヨガインストラクターを目指すのであれば、ぜひ資格取得を視野に入れてくださいね。

ポーズを学びながら資格を取るのもアリ!

①FIRST SHIP(ファーストシップ)

LAVAの生みの親「LAVA International」が運営するヨガスクール。

卒業生は11,000人以上にのぼり、世界共通資格「全米ヨガアライアンス」の取得率は驚異の100%!

費用月額4,400円~
平均期間6ヶ月~1年間

FIRST SHIPでは自社のインストラクター研修制度で培った技術のもと、LAVAのレッスンノウハウを余すことなく学べます。

通学・通信・海外留学の3つの学習スタイルが用意されており、集中して講義を受講すれば最短1ヶ月で取得することも可能。

入校すればLAVAにタダで通い放題であるため、月会費が実質無料になりますよ♪

②UNDER THE LIGHT(アンダーザライト)

年間1200名が学ぶ国内最大の老舗ヨガスクール。

日本最高峰の講師陣のもと、質の高い講義が受けられると定評あり。

費用1講義3,000円~
平均期間最短8ヶ月程度

アンダーザライトには各分野のスペシャリストが在籍しており、講義ごとに担当講師が異なるのが特徴的。ヨガのポーズ(アーサナ)からヨガ哲学(ヨーガストラ)まで深く学べます。

その証拠に、ヨガアライアンスの上級資格コース(RYT500)の受講者数は日本一。

実績と信頼で選ぶなら真っ先に有力候補に上がるスクールです。

③Yoga Works(ヨガワークス)

全米最大手のスタジオが運営するヨガスクール。

世界20ヵ国50都市以上で1万人以上の卒業生を輩出しています。

費用1回24,200円
平均期間最短20日~6ヶ月

世界的に信頼のおけるヨガスクールとして確立された「ヨガワークス」。

海外で活躍する一流講師のもと、伝統的なヨガから最先端の解剖学まで世界基準の知識とノウハウが身につくと評判です。

国際的なトレーニングプログラムを本格的に学びたい方にはおすすめですね♪

全国13店舗にて無料相談会・体験会が実施されているので、ぜひスケジュールをチェックしてみてください^^

ホットヨガスタジオLAVAの体験談と全知識をまとめました♪

ヨガシェアリング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Rina

全米ヨガアライアンス認定インストラクター。 幼少期に新体操に取り組んだことがきっかけで、ヨガを学ぶ。 現在はヨガインストラクター、webライターとして活動中。