最安はどこ?格安ホットヨガスタジオ特集はこちら>>

ヨガ講師に学ぶ【弓を引くポーズ】のやり方と効果|できない方にコツも伝授

弓を引くポーズ
ヨガインストラクターRina

ヨガに取り組む人であれば、誰もが憧れるであろう弓を引くポーズ(ナタラージャ・アーサナ)。

高いバランス力、そして集中力が必要とされるポーズです。

これをバッチリ決められたら・・・なんて想像するだけでウキウキしちゃいますよね!

やり方やコツをご紹介いたしますので、ぜひ一緒に練習していきましょう♪



【簡単30秒】弓を引くポーズの動画解説

「弓を引くポーズ」のやり方を簡単に動画でまとめましたので、ポーズが初心者の方や時間がない方はサクッと確認してみてください^^

⇒参考:おうちヨガにおすすめの動画サービスTOP3

弓を引くポーズのやり方と流れ

①マットの上に両足で立ちます。

②目線をどこか一点へ定めたら片足を後ろへ曲げ、同じ方向の手で外側から足首を掴みましょう。

③息を大きく吸って空いている手を頭上へ。

④息を吐きながら上げている足を後ろに引き、上体は前へと倒します。

⑤吸う息に合わせて胸を開き、そのままキープ。骨盤が外側に開かないよう、しっかりと内ももに力を入れましょう。

⑥数呼吸おいたらゆっくりと元の姿勢に戻ります。

弓を引くポーズが上手くできない方へ!コツやポイントを解説

足が上がらない方へ

弓を引くポーズのコツは胸を開くことです。

足を上げるために腰を反らせたり無理に引っ張り上げたりするのはNG。体を痛めてしまいます。

足を持ち上げるに連れて胸を開くように意識すると、体を安定させながら足を上げることができますよ♪

バランスが取れない方へ

まずは目線をどこか一点に決めること。これが重要です。

目線のブレは体全体のブレへと繋がるので注意しましょう。

弓を引くポーズの注意点と禁忌

ポーズを控えた方がいい人
  • 関節を痛めている方

足首や股関節、肩など全身の関節に負担がかかるポーズです。

脱臼癖がある方や、関節を痛めている人はポーズを控えましょう!

また、著しく安定感に欠ける方はポーズ練習の前に対策を。

壁の近くで行う、何かに掴まって行うなど工夫しながら練習してくださいね。

弓を引くポーズの効果

まとめ

以上、弓を引くポーズのやり方やコツについてご紹介いたしました。

コツを紹介したとはいえ、マスターするにはかなり練習が必要なポーズ。

しかし、続けることで必ずできるようになる日が来ます!

ぜひめげずに練習してみてくださいね^^

おすすめのオンラインヨガTOP3

LEAN BODY(リーンボディ)

LEAN BODY

日本最大級のオンラインフィットネスサービス。

全400本以上の動画が配信されており、現役モデルや有名トレーナーのレッスンを気軽に受けられます。
月額 980円~
種類 動画配信型
体験 2週間無料

体の悩みを短期間で解決したいならリーンボディがおすすめです。

ヨガやピラティス、ダンス、部位別トレーニングなどのレッスンが豊富に取り揃えられており、まるでジムに通っているような感覚で楽しめます。

2週間の無料体験期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

SOELU(ソエル)

業界初のライブ配信型オンラインヨガサービス。

全200名以上&100種類以上のレッスンを、リアルタイムに直接指導を受けながら楽しめます。
月額 980円~
種類 ライブレッスン型
体験 1回無料

SOELUではビデオ通話でインストラクターとつながり、直接指導が受けられる「臨場感」と人目を気にせずいつでも受けられる「手軽さ」が特徴的。

1年以上続いている会員は80%以上にのぼり、自宅でのヨガ・運動が続かない人におすすめです。

アンダーザライト

年間1700名以上が学ぶ国内最大ヨガスクールが提供する、オンラインヨガライブ配信サービス。

国内・海外で人気の実力派ヨガインストラクターによるクラスが受けられると大変話題を集めています。
月額 4000円~
種類 ライブレッスン型
体験 1週間(1,999円)

アンダーザライトのヨガ放題では国内外の有名講師50名以上、月200以上のクラスが受け放題。リーズナブルに高品質のレッスンを楽しめます。

ヨガ初心者からインストラクターまで、全てのヨガ好きにおすすめです。

実際に通った!ホットヨガスタジオの体験談集♪

Sponsored Links

ヨガシェアリング!

2 件のコメント

    • 須藤さん

      ご返信が遅くなって申し訳ございません。
      Rina先生に代わりまして回答させていただきます。

      ナタラージャアーサナは別称「踊り子のポーズ(ダンサーポーズ)」と呼ばれており、弓を引くポーズと表現されることもあります。

      正確にいいますと、本記事でご紹介しているのは「”立位で”弓を引くポーズ」ですので、言葉不足から誤解を招いてしまったかもしれません。すみませんでした…

      他に気になる点などございましたら、お気軽にコメントください^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です