現講師が明かす!副業ヨガインストラクターの現実|収入事情やデメリットも大公開!

ヨガ 副業
ヨガインストラクターRina
ヨガインストラクターは、実は副業としても行える職業。

勤務時間=レッスン時間なので、サクッと働くことができます。

しかし、デメリットがあるのも事実。

収入事情やメリット&デメリットなど気になる点を解説します!

ヨガインストラクターは副業向き!

ヨガインストラクターは、どこかの企業に所属せずフリーランスとして働ける職業。

1レッスンあたりの拘束時間は2時間ほどなので、仕事終わりや空き時間にサクッと稼ぐことができます。

実際、私が働いているスタジオは、私も含め半数以上が副業としてヨガインストラクターをしています。

というのも、フリーのヨガインストラクターは1レッスンあたりの報酬が3000〜5000円ほど。

ヨガ1本で食べていくのはなかなか厳しいという現実があります。

しかし、逆をつけば副業向きで、サクッと始めるのにはちょうどいいということ。

未経験や初心者の方でも徐々にキャリアを積むことができるため、いずれ本格的に活動したい方も副業から始めるのがおすすめですよ。

ヨガが副業に適している理由とメリット

2時間程度の空き時間があれば働けるヨガインストラクター。

休日や仕事帰りに活動できるため、副業にはぴったりです。

具体的にメリットを説明していきますね^^

メリット1:拘束時間が短い

ヨガのレッスンは、一本当たりだいたい45〜90分ほど。

シャワーを浴びる時間や着替える時間を含めても、勤務時間は2時間ほどで済みます。

一般的なアルバイトでは2時間だけ働けるところは少ないので、これは大きなメリットのひとつです。

メリット2:比較的自由に就業時間を選べる

スタジオにもよりますが、ヨガのレッスンは朝から夜まで開催されています。

つまり、自身のスキマ時間と合うレッスンがあれば、比較的自由に働くことができちゃうんです!

本業の就業時間が遅い人は朝のレッスンを、仕事の終わりが早い人は夜の時間帯のレッスンを担当すれば、空き時間を有効に使うことができます。

メリット3:自分自身の健康や美容にも◎

ヨガのインストラクターは体を動かす仕事です。

仕事としてレッスンを行ううちに、自分自身も健康的になったりダイエットできたりするなんてこともしばしば。

働きながら自分磨きをできるというのは、大きなメリットといえますよね^^

要注意!副業インストラクターを始める前に知っておきたい留意事項

ここまでは主にメリットについてご紹介してきましたが、いいことばかりではありません。

主なデメリットをご紹介します。

デメリット1:専門的な知識が必要

初心者でもヨガインストラクターになることはできますが、専門的な知識は必要不可欠。

それなりに勉強し、資格を取得するならテストに合格しなければなりません。

すでに知識や資格を持っている人は簡単に始めることができますが、持っていない人はややハードルが高いといえます。

デメリット2:体力を使う

ホットヨガのレッスン1本あたりの消費カロリーは約300kcalとも言われています。

この数字からも、どれだけ体力を使うかお分りいただけますよね・・・。

体力に自身がある人でないと、本業に影響が出てしまう可能性があるので要注意です。

デメリット3:事前準備が必要になることも

多くのインストラクターは、レッスンのシークエンス(構成)を事前に考えます。

プライベートな時間に行うため、言うなれば時間外勤務。

本業との合間の時間にできれば問題はありませんが、事前準備に時間を取られすぎてしまうと本業に響くかもしれません。

どれくらいの副収入が手に入る?

ヨガインストラクターの収入は、主にレッスン料です。

1本あたり3,000〜5,000円が相場と言われています。

副業として行う場合、多くても1日1本が限度。

仮に週3回レッスンを行なったとしたら、月収は36,000〜60,000円ほどです。

自分自身のジム代など美容費も込みと考えれば悪くないような気もしますよね^^

ただ、体力の消費量と比較するとどうでしょう・・・。

慣れるまではややきついかもしれません。

公務員でも副業ヨガはできる?

結論からいうと、公務員はヨガインストラクターとして働くことはできません。

なぜなら、公務員の副業は禁止されているからです。

もし目指したいのであれば、公務員として働いている間はスクールに通い、資格取得を目指すのがおすすめ。

そして無事に資格を取得することができたら、公務員をやめて本業でヨガインストラクターを目指しましょう。

意外とシンプル!ヨガインストラクターを副業ではじめる手順

ヨガインストラクターは、知識さえあれば無資格でもできます。

その場合の手順は以下の通り。

  1. 知識を身につける
  2. スタジオのオーディションに合格する

資格を取得する場合は、下記のような手順になります。

  1. 取得したい資格を選び、スクールに通う
  2. ヨガや生理学、イントロダクションについて学ぶ
  3. テストに合格する
  4. スタジオのオーディションに合格する

無資格でも活動できるとはいえ、その道のりは決してラクなものではありません。

やや手間と費用がかかりますが、資格を取得した方が確実に働ける幅や可能性は広がりますよ!

ヨガインストラクター なるには

ヨガインストラクターになるためにはどうすれば?5つのステップを現講師が解説!

2019年11月27日

まとめ

以上、ヨガインストラクターを副業で行うメリットやデメリット、手順についてご紹介しました♪

慣れるまでは体力的にもかなり大変だと思いますが、うまくライフスタイルの中に組み込めば自分自身の健康にもメリットがあります。

本業は手放したくないけれどヨガインストラクターもやってみたいという方、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

【最新版】おすすめのヨガ教室ランキングTOP3

LAVA(ラバ)ー最速で結果が得られた!

本気で痩せたいのであれば、数あるスタジオの中でも最大手のLAVAがダントツでおすすめです!

1つ1つのレッスンの質が高いため継続して通いやすく、無理なくダイエットができますよ♪

実際、運動音痴で体が超硬い管理人もLAVAに通い始めた後、最短で10kgダイエットに成功しています。

スタジオも全国に400店舗以上あるので、あなたにピッタリの店舗が見つかるはず!

CALDO(カルド)ー爆安&充実した設備のホットヨガスタジオ

ホットヨガのカルド

カルドはホットヨガ教室の常識を覆したコスパ最強のスタジオです。

全40種類以上の豊富なプログラムが受けられる上にジムや岩盤浴なども利用できて、汗を流すのが好きな方にはマジで堪らない環境。

そして、これだけの環境が整っていながら月謝代がビックリするくらい安いんですよ!!

現にこの教室の料金は業界最安価格帯と言われていて、20~30代を中心に人気急上昇中。

実際に通ってみてもホントに良心的な価格だなぁと感じましたし、料金だけで選ぶならカルド1択かと♪

zen place(旧:ヨガプラス)ー少人数制で丁寧に学べる

ヨガプラス

zen placeは常温・ホットヨガの両方が楽しめる穴場スタジオです。

体験してみてココが良い!と思ったことは、少人数制でインストラクターさんとの距離感が近い点。

指導が受けやすい環境だと感じました!

レッスン後も質問しやすい雰囲気でしたし、ポーズが上手く出来ない時にもすぐに聞けますね。

こじんまりとした空間で丁寧にヨガを学びたい方におすすめしたい教室です^^

ホットヨガスタジオ別の体験談と全知識


ヨガシェアリング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Rina

全米ヨガアライアンス認定インストラクター。 幼少期に新体操に取り組んだことがきっかけで、ヨガを学ぶ。 現在はヨガインストラクター、webライターとして活動中。