ピラティスと筋トレはどっちが良い?ダイエット目的で体を引き締めるなら・・

ピラティス 筋トレ どっち

「体を引き締めるためにピラティスか筋トレを始めたい!」
「どっちの方がダイエットには効果的なの?」

ピラティスか筋トレをどっちを選ぶべきか問題って中々悩ましい問題ですよねぇ。

どっちも体の引き締めるのには効果的ですし、もちろん両方やった方が良いに越したことはありません。

が、ピラティスの内容が筋トレに似ているせいか(厳密には全然違います)、どっちも1つだけやるってなると難しいところ・・

ということで、今回はピラティスと筋トレ、どっちの方がダイエットに良いか研究データをリサーチしてみたのでシェアしたいと思います^^

ピラティスと筋トレの決着の行方はいかに!?

【ピラティスVS筋トレ】ダイエットに向いているのはどっち?

ピラティスと筋トレの比較研究をリサーチした結果、複数の論文が見つかりました◎

んで、先にサクッと結論をまとめると・・

  1. 自宅で筋トレするくらいならピラティスの方が良い!
  2. ちゃんとした専門器具を使えば筋トレの方が良い場合も

という何ともいえない感じになりました。笑

まぁそれもそのはずで、一口で筋トレといっても種類が沢山ありますし、筋トレ器具によって効果が違ってきますからね^^;

ただ、ピラティスの方が体への負担が少ないので、運動が苦手な方や体力に自信がない方はピラティスの方が向いているといえますね。

ということで、研究データを簡単にご紹介したいと思います^^

⇒参考:初心者におすすめのピラティス教室TOP3

研究1:フリーウェイトトレーニングとピラティスを比較すると・・

まずご紹介するのはACSM(アメリカンスポーツ医学会)が2004年に行った研究

この研究では、24人の女性(43歳前後)を対象に、筋トレとピラティスの効果を比較を行いました。

具体的には、12週間、計24回のピラティスと筋トレ(フリーウェイト)を行う2つのグループに分けて、トレーニング前後の柔軟性、ふくらはぎ、お腹回りの周囲、腹筋、体幹を計測したそうです。

その結果は・・

  • ピラティスグループはふくらはぎの周囲が減っていた
  • ピラティスグループは柔軟性が上がった!
  • 筋トレグループはお尻の周囲が増えた!
  • カールアップやインナーマッスルの筋持久力、背筋に違いは無かった

とのことです。

つまり、上半身の引き締め効果はどっちもどっちで、下半身の足回りはピラティス、お尻周りは筋トレの方が鍛えられるってことですね。

ざっくりと言い換えると、

  1. スタイルの良い美脚になりたいならピラティス
  2. ヒップアップしたいなら筋トレ

といった感じになりますかね^^

研究2:運動器具によっては筋トレの方が優秀!?

続いて、ご紹介するのはザクレブ大学が2015年に行った研究

この研究では、70歳前後の高齢者34人を対象に、

  • 8週間、週3回のピラティスを行う
  • 8週間、週3回の計算機制御器具で筋トレを行う

2つのグループに分けて、それぞれ実験前後の体幹や足腰、上半身の強度、バランス感覚を測定して比較したそうです。

ちなみに、計算機制御器具はHuber社が開発した体幹強化用の器具。一応どんな器具がイメージしてもらうために動画も紹介しておきますね。

いや〜、中々ガチな筋トレ器具ですよねぇ。笑

んで、この器具にピラティスが立ち向かった結果どうなったのかというと・・

  • 筋トレグループの方が体幹が強くなっていた!
  • 筋トレグループの方が微妙に足腰が強くなっていた!
  • 上半身の筋力は両者に大きな差異が無かった
  • 体脂肪や体重は両者に大きな差異は無かった

となったそうです。

つまり、しっかりとした器具を使った場合は筋トレの方が鍛えられる!ということですね。

ピラティスも中々奮闘したようですが、やっぱり専門器具には勝てないようですな・・

まぁでも、このHuber社の器具は国内で置いてあるジムはほとんどないですし、ぶっちゃけあんまり参考にならないかもしれません^^;

また、マットピラティスではなくて、マシンピラティス(個人レッスンのピラティス)との比較になれば結果も変わってくるでしょうしね。

現実的に考えるとピラティスの方がおすすめ!

ということで、研究データ的には筋トレとピラティスのダイエット効果はどっこいどっこい!って感じですが、個人的にはピラティスの方が絶対に良いとわけですね。

ってのも、ピラティスの方が手軽に負担が少なく、筋トレと同じレベルのダイエット効果が得られる上に、他にもメリットが多いからです!

今回見てきた通り、マジな筋トレマシンを使わなかった場合、上半身の引き締めや体幹強化の効果効果は同じくらいで、下半身も部位によるって感じでしたね。

ただ、ピラティスにはそれに加えて「体の歪みや姿勢の改善効果」っていうもう1つ大きな効果があります。

また、ピラティスは高齢者のリハビリで活用されるくらい負担が少なくできるエクササイズにも関わらず、筋トレと同レベルの効果があるわけです。

しかも、ジムはピラティス教室と料金は変わらないとなると・・

ピラティスの方が断然コスパが良い!

といえますね♪

僕もピラティスをやってみて筋トレより楽しいって思いましたし、仮にどっちか選ばなければならない状況になったら間違いなくピラティス教室を選びますね( ̄ー ̄)

昔実家にいた時はお古の道具を使って筋トレに挑戦しましたが、全く続きませんでしたし、多分ジムに通ったら長続きしないと思いますww

それなら最初からピラティス教室に通うのが正解かなぁと。

ちゃんと探せば料金が安くて良いピラティス教室もありますし( ̄ー ̄)ニヤリ

【最新版】おすすめのヨガ教室ランキングTOP3

LAVA(ラバ)ー最速で結果が得られた!

本気で痩せたいのであれば、数あるスタジオの中でも最大手のLAVAがダントツでおすすめです!

1つ1つのレッスンの質が高いため継続して通いやすく、無理なくダイエットができますよ♪

実際、運動音痴で体が超硬い管理人もLAVAに通い始めた後、最短で10kgダイエットに成功しています。

スタジオも全国に400店舗以上あるので、あなたにピッタリの店舗が見つかるはず!

CALDO(カルド)ー爆安&充実した設備のホットヨガスタジオ

ホットヨガのカルド

カルドはホットヨガ教室の常識を覆したコスパ最強のスタジオです。

全40種類以上の豊富なプログラムが受けられる上にジムや岩盤浴なども利用できて、汗を流すのが好きな方にはマジで堪らない環境。

そして、これだけの環境が整っていながら月謝代がビックリするくらい安いんですよ!!

現にこの教室の料金は業界最安価格帯と言われていて、20~30代を中心に人気急上昇中。

実際に通ってみてもホントに良心的な価格だなぁと感じましたし、料金だけで選ぶならカルド1択かと♪

zen place(旧:ヨガプラス)ー少人数制で丁寧に学べる

ヨガプラス

zen placeは常温・ホットヨガの両方が楽しめる穴場スタジオです。

体験してみてココが良い!と思ったことは、少人数制でインストラクターさんとの距離感が近い点。

指導が受けやすい環境だと感じました!

レッスン後も質問しやすい雰囲気でしたし、ポーズが上手く出来ない時にもすぐに聞けますね。

こじんまりとした空間で丁寧にヨガを学びたい方におすすめしたい教室です^^

LAVAの体験談と全知識をまとめました♪

ヨガシェアリング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

トシ

ブログ管理人のアラサー理系男子。

運動不足&絶望的に体が硬い状態から心身の健康のためにヨガ教室に通い始め、半年間で10kg減、体脂肪6%減、肩こり解消、柔軟性180%UPに成功。

他にもストレスが44%減少したり、集中力が12%上がったり・・ヨガの恩恵を感じながら平穏で幸せな毎日を満喫中です。

本ブログでは、計7つのヨガ教室で経験してきたことや効果検証した結果、50本以上の論文を読んで得た有益な情報をシェアしています。

読者さんがヨガで理想の体と心が手に入れられるよう、少しでもお力になれたら嬉しいです^^