ヨガインストラクターRina

ペタンコのお腹を目指したい方におすすめなのが、船のポーズ(ナーヴァアーサナ)。

V字バランスのようなポーズでガンガン腹筋にアプローチできます!

とはいえ、いきなりチャレンジするにはやや難易度が高め・・・。

そこで今回は、船のポーズのコツについてご紹介いたします♪

【簡単30秒】ヨガ初心者向けに船のポーズを動画で解説

船のポーズのやり方を簡単に動画でお伝えしているので、ポーズについてあまり知らない方や時間があまりない方はサクッと確認してみてください^^

⇒参考:ヨガのポーズが超学べる動画配信サービスTOP5

船のポーズのやり方と流れ

①坐骨をマットにしっかりとつけ、両膝を曲げた状態で座ります。両手はお尻より少し後ろの床へ。

②息を吐きながらゆっくりと両足を持ち上げ、膝を伸ばします。この時、背筋が曲がらないようにお腹に力を入れましょう。

③両手を前に伸ばしてキープします。

④数呼吸繰り返したら、ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

船のポーズができない方へ!コツやポイントを解説

足を伸ばすのが難しい方へ

腹筋が弱い方やももの裏側が硬い方は、足を伸ばすのが難しいかもしれません。

その場合、膝は曲げたままでもOK!

腹筋へと意識を集中させ、膝と胸を近づけてみましょう!

慣れるまでは手で足を支えるのもアリですよ♪

お尻が痛い、後ろに転んでしまう方へ

お尻の痛みや骨盤のゆがみから、どうしても後ろに転んでしまうという方も。

そんな方は、尾骨の下にタオルを敷いてみてください。

お尻の痛みは緩和されますし、骨盤が立ちやすいので後ろへ転倒しにくくなります♪

船のポーズの注意点と禁忌

ポーズを控えた方が良い人
  • 坐骨神経痛
  • 高血圧

坐骨や尾骨に体重がかかるため、坐骨神経痛の方はポーズを控えましょう。

また、強い力が必要になるため高血圧の人もやや注意が必要。

ポーズを試してみて、めまいや動機といった症状が現れた場合はお休みしてください。

船のポーズの効果

まとめ

以上、船のポーズのやり方やコツについてご紹介いたしました♪

最初は足を綺麗に上げるのはなかなか難しいかもしれません。

でも、続けることで綺麗なV字になる日が来るはず!

そしてその頃にはお腹もペタンコに・・・☆

話題の「腹筋女子」を目指す方、ぜひ今日から取り組んでみてくださいね^^

ポーズを学びながら資格を取るのもアリ!

①FIRST SHIP(ファーストシップ)

LAVAの生みの親「LAVA International」が運営するヨガスクール。

卒業生は11,000人以上にのぼり、世界共通資格「全米ヨガアライアンス」の取得率は驚異の100%!

費用月額4,400円~
平均期間6ヶ月~1年間

FIRST SHIPでは自社のインストラクター研修制度で培った技術のもと、LAVAのレッスンノウハウを余すことなく学べます。

通学・通信・海外留学の3つの学習スタイルが用意されており、集中して講義を受講すれば最短1ヶ月で取得することも可能。

入校すればLAVAにタダで通い放題であるため、月会費が実質無料になりますよ♪

②UNDER THE LIGHT(アンダーザライト)

年間1200名が学ぶ国内最大の老舗ヨガスクール。

日本最高峰の講師陣のもと、質の高い講義が受けられると定評あり。

費用1講義3,000円~
平均期間最短8ヶ月程度

アンダーザライトには各分野のスペシャリストが在籍しており、講義ごとに担当講師が異なるのが特徴的。ヨガのポーズ(アーサナ)からヨガ哲学(ヨーガストラ)まで深く学べます。

その証拠に、ヨガアライアンスの上級資格コース(RYT500)の受講者数は日本一。

実績と信頼で選ぶなら真っ先に有力候補に上がるスクールです。

③Yoga Works(ヨガワークス)

全米最大手のスタジオが運営するヨガスクール。

世界20ヵ国50都市以上で1万人以上の卒業生を輩出しています。

費用1回24,200円
平均期間最短20日~6ヶ月

世界的に信頼のおけるヨガスクールとして確立された「ヨガワークス」。

海外で活躍する一流講師のもと、伝統的なヨガから最先端の解剖学まで世界基準の知識とノウハウが身につくと評判です。

国際的なトレーニングプログラムを本格的に学びたい方にはおすすめですね♪

全国13店舗にて無料相談会・体験会が実施されているので、ぜひスケジュールをチェックしてみてください^^

ホットヨガスタジオLAVAの体験談と全知識をまとめました♪

ヨガシェアリング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Rina

全米ヨガアライアンス認定インストラクター。 幼少期に新体操に取り組んだことがきっかけで、ヨガを学ぶ。 現在はヨガインストラクター、webライターとして活動中。