ヨガ講師に学ぶ【うさぎのポーズ】のやり方と効果|コツや注意点も解説!

うさぎのポーズ
ヨガインストラクターRina
毎日のデスクワークで、首や肩がガチガチ…

目が疲れて頭痛もひどい…

なんてお悩みのオフィスワーカーさんにおすすめなのが、うさぎのポーズ(シャシャンカーサナ)です。

肩や首のコリも目の疲労も一気に解消できますよ♪

【簡単30秒】ヨガ初心者向けにうさぎのポーズを動画で解説

うさぎのポーズのやり方を動画で簡単に解説しましたので、初心者の方や時間がない方はサクっと確認してみましょう♪

うさぎのポーズのやり方をステップごとに解説!

①正座で座り、額をマットへ降ろします。

②両手で体を支えながら徐々にお尻を持ち上げ、頭頂部を床につけましょう。

③体が安定したら手を体の後ろで組み、吐く息に合わせて前方へと伸ばします。

④数呼吸おいた後、ゆっくりと元の位置へ戻りましょう。

うさぎのポーズが上手くできない方へ!コツやポイントを解説します

頭頂部を床につけるのが辛い方へ

首のコリがひどいと、首の裏側を伸ばすのが辛いことがあります。

無理に頭頂を着こうとせず、痛みが出ない範囲で行うようにしましょう。

また、両手でしっかりと体を支えると、少しだけ楽にできるようになりますよ。

頭頂部に痛みがある方へ

うさぎのポーズで床につく部分は「百会」というツボ。

自律神経を整える効果があると言われています。

床につけると痛みを感じるという方は、ツボがしっかりと刺激されている証拠です。

不快感を感じない程度に刺激してあげましょう。

手が前方へ伸ばせない方へ

肩コリがひどい方は、手を前に伸ばすのが辛いはず。

無理に伸ばそうとせず、できる範囲で動かしましょう。

息を吐きながら手を伸ばすと、ポーズが深まりやすいですよ。

うさぎのポーズの注意点と禁忌

ポーズ中、視線を左右に動かしてしまうと首を痛める可能性があります。

目線は自分のお腹へと定め、キョロキョロしないようにしましょう。

また、ポーズ後すぐに顔を上げてしまうと、立ちくらみを引き起こしてしまうことも。

お尻を床へと下ろしたら、そのままチャイルドポーズで少し休んでから顔を上げましょう。

うさぎのポーズの効果

  • 眼精疲労の改善
  • 肩コリの解消
  • 自律神経の調整

うさぎのポーズ定番の組み合わせ

ポーズの組み合わせ

うさぎのポーズ→チャイルドポーズ

ヨガインストラクターRina

立ちくらみを起こさないためにも、必ず取り入れてほしい流れです。

ゆったりと時間をとってくださいね!

まとめ

以上、うさぎのポーズについて解説いたしました。

首や肩コリの解消、眼精疲労の改善だけでなく、自律神経を整えるのにも効果的なポーズです。

寝る前に行うことで、スムーズに眠りにつくことができますよ♪

ベッドの上で行えば頭への刺激も優しいので、おやすみ前に行ってみてくださいね。

【参考】トラのポーズが登場するレッスン集(ヨガスタジオ別)

ホットヨガスタジオCALDO

【最新版】おすすめのヨガ教室ランキングTOP3

LAVA(ラバ)ー最速で結果が得られた!

本気で痩せたいのであれば、数あるスタジオの中でも最大手のLAVAがダントツでおすすめです!

1つ1つのレッスンの質が高いため継続して通いやすく、無理なくダイエットができますよ♪

実際、運動音痴で体が超硬い管理人もLAVAに通い始めた後、最短で10kgダイエットに成功しています。

スタジオも全国に400店舗以上あるので、あなたにピッタリの店舗が見つかるはず!

CALDO(カルド)ー爆安&充実した設備のホットヨガスタジオ

ホットヨガのカルド

カルドはホットヨガ教室の常識を覆したコスパ最強のスタジオです。

全40種類以上の豊富なプログラムが受けられる上にジムや岩盤浴なども利用できて、汗を流すのが好きな方にはマジで堪らない環境。

そして、これだけの環境が整っていながら月謝代がビックリするくらい安いんですよ!!

現にこの教室の料金は業界最安価格帯と言われていて、20~30代を中心に人気急上昇中。

実際に通ってみてもホントに良心的な価格だなぁと感じましたし、料金だけで選ぶならカルド1択かと♪

zen place(旧:ヨガプラス)ー少人数制で丁寧に学べる

ヨガプラス

zen placeは常温・ホットヨガの両方が楽しめる穴場スタジオです。

体験してみてココが良い!と思ったことは、少人数制でインストラクターさんとの距離感が近い点。

指導が受けやすい環境だと感じました!

レッスン後も質問しやすい雰囲気でしたし、ポーズが上手く出来ない時にもすぐに聞けますね。

こじんまりとした空間で丁寧にヨガを学びたい方におすすめしたい教室です^^

LAVAの体験談と全知識をまとめました♪

ヨガシェアリング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Rina

全米ヨガアライアンス認定インストラクター。 幼少期に新体操に取り組んだことがきっかけで、ヨガを学ぶ。 現在はヨガインストラクター、webライターとして活動中。