柔軟性を超高めるヨガのポーズ3選|柔らかい体を手に入れよう

ヨガ 柔軟性 ポーズ
ヨガインストラクターRina

突然ですが、みなさんは前屈ってできますか?

「苦手・・・」という方、実は驚くほど多いんです。

それと同時に、もう柔軟性は諦めているという方も多いもの。

でも、諦めるのはちょっと待った!

それぞれの柔軟性に合わせて適度にストレッチできるヨガなら、今からでも遅くありません。

おすすめの動画やポーズをご紹介いたしますので、ぜひチャレンジしてみてください^^

【動画紹介】柔軟性UPに効くヨガ動画集

「Yogalog」さんによるヨガ動画。

苦手な方が多い「前屈」に特化し、丁寧に教えてくれます♪

アイテムを使いながら前屈を深める方法をレクチャーしてくれているので、初心者の方には特におすすめ!

約5分と短いので、毎日続けるのにぴったりです♪

「B-life」さんの、もも裏に特化したヨガ動画。

片足ずつ伸ばすポーズが多いため、無理なく行えます^^

様々なポーズ・角度で伸ばすことができるため、柔軟性アップには非常に効果的。

寝ながらできるポーズも含まれているので、それだけベッドの上で行う習慣をつけてもいいかもしれませんね♪

⇒参考:ヨガレッスンで選ぶ動画配信サービスTOP5

苦手な前屈もいつかラクラク♪効果的なポーズ3つをご紹介

立位前屈のポーズ

「THE 前屈」とも言えるポーズ。

体が硬い方は想像するだけでももの裏が痛むかもしれませんね(-_-;)

でも実はこのポーズ、膝はいくらでも曲げていいんです!

膝とお腹をしっかりとくっつけた状態で膝を伸ばせるところまで伸ばすのが正しいやり方。

徐々に膝を伸ばしていくことで、自然と柔軟性も高まりますよ♪

ピラミッドのポーズ

足を大きく開いた状態で前屈を行うポーズ。

上記の立位前屈のポーズより、ややももの裏側の伸びが緩和されます。

とはいえ、脚全体がしっかりと伸びるため柔軟性アップには非常に効果的。

体を柔らかくしたい人にはおすすめのポーズです。

サギのポーズ

こちらは座った状態で、片足ずつ伸ばすポーズ。

体が安定するので、しっかりと脚を刺激することができます。

脚を持ち上げると、ふくらはぎからももの裏側がビリビリ・・・。

足のむくみにも効果的なので、夜寝る前などに習慣的に取り入れるといいですよ♪

伸ばしすぎは怪我の元!痛み過ぎない程度に

柔軟性を高めるためには、硬い部分を伸ばすことが必要です。

しかし、伸ばしすぎると逆効果!

筋肉が緊張し、強張ってしまいます。

ポイントは「痛いけど気持ちいい」あたりをキープすること。

続けることで徐々に柔らかくなってきますから、先を急ぎ過ぎないようにしましょう!

継続は力なり!毎日のヨガで柔軟性を高めましょう♪

以上、柔軟性を高めるポーズについてご紹介いたしました。

ヨガで体を柔らかくするために一番大切なのは毎日続けることです。

時間が空くと体は元の状態に戻ってしまいますから、こまめに続けるよう心がけましょう。

そうすればきっと、体が柔らかくなるのを体感できますよ!

ブログ管理人が今通ってるホットヨガ教室

ヨガシェアリング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Rina

全米ヨガアライアンス認定インストラクター。 幼少期に新体操に取り組んだことがきっかけで、ヨガを学ぶ。 現在はヨガインストラクター、webライターとして活動中。