ヨガ講師に学ぶ【トラのポーズ】のやり方と効果|きつい時のコツも解説

トラのポーズ
ヨガインストラクターRina
レッスンの冒頭に取り入れられることが多い、トラのポーズ(バーマンアーサナ)。

ポーズによってインナーマッスルが刺激されるので、ポーズ全般が安定するんです♪

また、続けることによって姿勢を改善の効果もありますよ^^

運動不足の方、デスクワークが多い方におすすめです。

【簡単30秒】ヨガ初心者向けにトラのポーズを動画で解説

トラのポーズのやり方・流れを動画にまとめましたので、初めてトラのポーズを行う方は先にチェックしてみてください♪

トラのポーズのやり方をステップごとに解説!

①マットに四つん這いになります。肩の真下に手、股関節の真下に膝が来るように意識しましょう。

②お腹に軽く力を入れながら片足を後ろに伸ばし、かかとを押し出します。

③体が安定したら、後ろに伸ばした足の反対側の手を前方へと伸ばし、バランスを取りましょう。

④お腹にかかる力を感じながら数呼吸おいたら、ゆっくりと手足をもとに戻します。

トラのポーズがきつい方へ!コツやポイントを解説します

膝が痛む方へ

薄いヨガマットを使用していると、床に膝があたって痛みを感じることがあります。

そんな時は、膝の下にタオルを敷いて行うと痛みを感じにくくなりますよ^^

ヨガマットを半分に折り曲げてもOKです。

買い替えるタイミングがあれば、厚さが0.8mm以上あるものを選んでみてくださいね♪

バランスが取れない方へ

床から離した手や足がブレてしまうと、バランスが取りにくくなります。

手足は前後に引っ張り合うようなイメージで、しっかりと安定させましょう。

それでもバランスが取れない場合は、手か足どちらのみ床から離すのでOK。

筋力がついてきてから、完成形にチャレンジしましょうね!

トラのポーズの注意点と禁忌

ポーズ中、腰が反ったり丸まったりしないように注意しましょう。

上半身を真っ直ぐに保とうとすることで、コアが刺激されます。

また、足や手が外側にズレないよう、付け根や肩から真っ直ぐ伸ばす意識を持ってくださいね^^

膝や肩、手首に負担がかかるポーズですので、痛めている方は様子をみながら行いましょう。

トラのポーズの効果

  • 体幹の強化
  • 姿勢改善
  • バランス力向上

トラのポーズ定番の組み合わせ

組み合わせ

キャット&カウ→トラのポーズ→チャイルドポーズ

ヨガインストラクターRina

体幹をしっかりと刺激し、鍛えることができる組み合わせ。

全身をシェイプアップしたい方には特におすすめですよ♪

まとめ

以上、トラのポーズについて解説いたしました。

全身のシェイプアップ効果のあるポーズですが、続けることでヨガのスキルアップにも繋がります。

ぜひ、レッスン前や毎日の練習に取り入れてみてくださいね!

ある日突然、難しいポーズがバッチリ決まるようになるかもしれませんよ^^

【参考】トラのポーズが登場するレッスン集(ヨガスタジオ別)

【最新版】おすすめのヨガ教室ランキングTOP3

LAVA(ラバ)ー最速で結果が得られた!

本気で痩せたいのであれば、数あるスタジオの中でも最大手のLAVAがダントツでおすすめです!

1つ1つのレッスンの質が高いため継続して通いやすく、無理なくダイエットができますよ♪

実際、運動音痴で体が超硬い管理人もLAVAに通い始めた後、最短で10kgダイエットに成功しています。

スタジオも全国に400店舗以上あるので、あなたにピッタリの店舗が見つかるはず!

CALDO(カルド)ー爆安&充実した設備のホットヨガスタジオ

ホットヨガのカルド

カルドはホットヨガ教室の常識を覆したコスパ最強のスタジオです。

全40種類以上の豊富なプログラムが受けられる上にジムや岩盤浴なども利用できて、汗を流すのが好きな方にはマジで堪らない環境。

そして、これだけの環境が整っていながら月謝代がビックリするくらい安いんですよ!!

現にこの教室の料金は業界最安価格帯と言われていて、20~30代を中心に人気急上昇中。

実際に通ってみてもホントに良心的な価格だなぁと感じましたし、料金だけで選ぶならカルド1択かと♪

zen place(旧:ヨガプラス)ー少人数制で丁寧に学べる

ヨガプラス

zen placeは常温・ホットヨガの両方が楽しめる穴場スタジオです。

体験してみてココが良い!と思ったことは、少人数制でインストラクターさんとの距離感が近い点。

指導が受けやすい環境だと感じました!

レッスン後も質問しやすい雰囲気でしたし、ポーズが上手く出来ない時にもすぐに聞けますね。

こじんまりとした空間で丁寧にヨガを学びたい方におすすめしたい教室です^^

LAVAの体験談と全知識をまとめました♪

ヨガシェアリング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Rina

全米ヨガアライアンス認定インストラクター。 幼少期に新体操に取り組んだことがきっかけで、ヨガを学ぶ。 現在はヨガインストラクター、webライターとして活動中。