コロナでスタジオに通えない....そんな時「おうちヨガ」はどう?

【ヨガ講師が解説】ダウンドッグのやり方と注意点|できない向けにコツも紹介

ダウンドッグ
ヨガインストラクターRina

基本ポーズのひとつである、ダウンドッグ(下向きの犬のポーズ/アドムカシュヴァアーサナ)。

全身が伸びるため血液循環が良くなり、集中力が高まるポーズと言われています^^

そのため、レッスンの中では休憩として使われることが多いのですが…「全然休まらない!」と嘆く人も少なくありません。

今回はそんな方のために、ダウンドッグのやり方やコツについてご紹介いたします♪

【動画解説】ヨガ初心者の方へ!ダウンドッグを練習してみよう

ポーズのやり方を簡単に動画でまとめましたので、初めてダウンドッグをやる方は流れやイメージを掴んでみてください^^

⇒参考:ヨガのポーズが学べる!おすすめの動画サービスTOP3

ダウンドッグのやり方と流れ

①手は肩幅、足は腰幅に開き、四つん這いになります。この時、つま先は立てておくのがポイント。

②息を吐きながらゆっくりと膝を持ち上げ、尾骨を天井に向けるようにお尻を上へと突き出します。かかとを床へと沈め、目線は足の間へ送りましょう。

③大きく3〜5呼吸繰り返したら膝をマットへと降ろし、元の四つん這いに戻ります。

ダウンドッグが苦手!できない方へ!コツやポイントを解説

ももの裏側が固い方へ

ダウンドッグのポイントは、かかとを床へと沈めること。

しかし、体が固い方はももの裏側がビリビリとして辛いですよね^^;

そんな時は膝を軽く曲げてみてください!

かかとが床に付きやすくなると同時に、ポーズがとりやすくなります。

背中が丸まる・肩が伸びない方へ

背中や肩が伸びないという方は、手でマットを強く押してみましょう!

それと同時に尾骨を天井へと突き出すよう意識すると、尾骨から手先まで綺麗に一直線になります。

ダウンドッグの注意点と禁忌

手首や肩に怪我や炎症のような症状を抱えている方は要注意。

ポーズを控えるか、手ではなく肘をついた状態で行うようにしましょう。

足にも強い刺激が加わるため、腿やアキレス腱などに炎症がある方も控えた方がベター。

また、頭を下げるダウンドッグは頭に血が上ります。

したがって、緑内障や網膜剥離といった目にダメージをお持ちの方、高血圧の方は、控えた方がいいでしょう。

ダウンドッグの効果

まとめ

以上、ダウンドッグのやり方やコツについてご紹介いたしました!

苦手意識をお持ちの方も多いポーズですが、続けることで血流の改善や柔軟性アップなど嬉しい効果がたくさん♪

全てのポーズの基本にもなりますから、マスターすることでヨガのスキルアップも叶います。

まずは膝を曲げた状態からでもOKですので、めげずに続けてみましょう!

おすすめのオンラインヨガTOP3

LEAN BODY(リーンボディ)

LEAN BODY

日本最大級のオンラインフィットネスサービス。

全400本以上の動画が配信されており、現役モデルや有名トレーナーのレッスンを気軽に受けられます。
月額 980円~
種類 動画配信型
体験 2週間無料

体の悩みを短期間で解決したいならリーンボディがおすすめです。

ヨガやピラティス、ダンス、部位別トレーニングなどのレッスンが豊富に取り揃えられており、まるでジムに通っているような感覚で楽しめます。

2週間の無料体験期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

SOELU(ソエル)

業界初のライブ配信型オンラインヨガサービス。

全200名以上&100種類以上のレッスンを、リアルタイムに直接指導を受けながら楽しめます。
月額 980円~
種類 ライブレッスン型
体験 1回無料

SOELUではビデオ通話でインストラクターとつながり、直接指導が受けられる「臨場感」と人目を気にせずいつでも受けられる「手軽さ」が特徴的。

1年以上続いている会員は80%以上にのぼり、自宅でのヨガ・運動が続かない人におすすめです。

アンダーザライト

年間1700名以上が学ぶ国内最大ヨガスクールが提供する、オンラインヨガライブ配信サービス。

国内・海外で人気の実力派ヨガインストラクターによるクラスが受けられると大変話題を集めています。
月額 4000円~
種類 ライブレッスン型
体験 1週間(1,999円)

アンダーザライトのヨガ放題では国内外の有名講師50名以上、月200以上のクラスが受け放題。リーズナブルに高品質のレッスンを楽しめます。

ヨガ初心者からインストラクターまで、全てのヨガ好きにおすすめです。

実際に通った!ホットヨガスタジオの体験談集♪

Sponsored Links

ヨガシェアリング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です