ヨガ講師に学ぶ【リバースウォーリア】のやり方と効果|動画付きでポイントも解説!

リバースウォーリア
ヨガインストラクターRina

戦士のポーズのバリエーションの一つである、リバースウォーリア(天を仰ぐ英雄のポーズ/ヴィーラバドラアーサナ)。

戦う姿勢を見せる他のポーズとは違い、冷静さを取り戻すことができるポーズと言われています。

実際に行ってみると、体側が気持ちよく伸びてリフレッシュ効果抜群!

忙しい毎日煽られ、気持ちが前のめりになりすぎている方におすすめです♪

【簡単30秒】ヨガ初心者向けにリバースウォーリアを動画で解説

戦士のポーズ1のやり方を簡単に動画でまとめましたので、初心者の方や時間がない方はサクッと確認してみてください^^

⇒参考:ヨガのポーズが超学べる動画配信サービスTOP5

リバースウォーリアのやり方と流れ

①横向きで立ち、両脚を左右に大きく開きます。

②右足のつま先は外側へ開き、左足のつま先は少し内側へ向けて立ちましょう。

③ゆっくりと右足の膝を曲げ、かかとの上に膝が来る位置でキープ。後ろ足の力は抜かず、両脚均等に力を加えます。

④右手をゆっくりと前へ伸ばし、息を吸いながら遠くを通すように上へと上げます。同時に上体を少し後ろへと傾け、体側を伸ばした状態で数呼吸。

⑤その後元の姿勢へと戻ったら、反対側も同様に行いましょう。

リバースウォーリアが上手くできない方へ!コツやポイントを解説

腰に痛みがでる方へ

リバースウォーリアのポイントは、腰を反らせるのではなく体側を伸ばすこと。

胸や肋骨を前へと突き出すようなイメージで上体を傾けてみてください♪

また、前足の膝が伸びてしまうのも腰に負担がかかる原因の一つ。

片足はしっかりと曲げ、下半身を安定させて状態で行ってくださいね!

手をあげるのが辛い方へ

肩こりが酷い方は、手をあげるのが辛かったりしますよね。

そんな時は手を伸ばした状態でキープするのではなく、手のひらを後頭部につけるように肘を曲げてもOK!

肩へ負担をかけずに行えるのに、手を伸ばして行うのと同じくらい体側を伸ばせますよ♪

リバースウォーリアの注意点と禁忌

ポーズを控えた方がいい人
  • 足の関節に痛みがある人

下半身を安定させようとすると、どうしても足には負担がかかるポーズです。

足の関節に痛みがある方は様子を見ながら行うようにしてください。

また、膝が内側に倒れてしまうと思わぬ怪我に繋がることも。

曲げている足は外側へ開くような意識を忘れずに行ってくださいね♪

リバースウォーリアの効果

他の戦士のポーズと組み合わせて行ってみよう♪

以上、リバースウォーリアのやり方やコツ、効果についてご紹介いたしました!

リバースウォーリアは他の戦士のポーズと一緒に行うのがおすすめ。

戦士のポーズ1→戦士のポーズ2→リバースウォーリア→戦士のポーズ3というように間に挟むことで、気持ちが高ぶり過ぎるのを抑えることができます。

ぜひ色々アレンジしてみてくださいね^^

【最新版】おすすめのヨガ教室ランキングTOP3

LAVA(ラバ)ー最速で結果が得られた!

本気で痩せたいのであれば、数あるスタジオの中でも最大手のLAVAがダントツでおすすめです!

1つ1つのレッスンの質が高いため継続して通いやすく、無理なくダイエットができますよ♪

実際、運動音痴で体が超硬い管理人もLAVAに通い始めた後、最短で10kgダイエットに成功しています。

スタジオも全国に400店舗以上あるので、あなたにピッタリの店舗が見つかるはず!

CALDO(カルド)ー爆安&充実した設備のホットヨガスタジオ

ホットヨガのカルド

カルドはホットヨガ教室の常識を覆したコスパ最強のスタジオです。

全40種類以上の豊富なプログラムが受けられる上にジムや岩盤浴なども利用できて、汗を流すのが好きな方にはマジで堪らない環境。

そして、これだけの環境が整っていながら月謝代がビックリするくらい安いんですよ!!

現にこの教室の料金は業界最安価格帯と言われていて、20~30代を中心に人気急上昇中。

実際に通ってみてもホントに良心的な価格だなぁと感じましたし、料金だけで選ぶならカルド1択かと♪

zen place(旧:ヨガプラス)ー少人数制で丁寧に学べる

ヨガプラス

zen placeは常温・ホットヨガの両方が楽しめる穴場スタジオです。

体験してみてココが良い!と思ったことは、少人数制でインストラクターさんとの距離感が近い点。

指導が受けやすい環境だと感じました!

レッスン後も質問しやすい雰囲気でしたし、ポーズが上手く出来ない時にもすぐに聞けますね。

こじんまりとした空間で丁寧にヨガを学びたい方におすすめしたい教室です^^

LAVAの体験談と全知識をまとめました♪

ヨガシェアリング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Rina

全米ヨガアライアンス認定インストラクター。 幼少期に新体操に取り組んだことがきっかけで、ヨガを学ぶ。 現在はヨガインストラクター、webライターとして活動中。