腰痛に超効くヨガのポーズ4選|行う時の注意点や参考動画も紹介

ヨガ 腰痛 ポーズ
ヨガインストラクターRina

「腰痛」は、立ち仕事・デスクワークを問わず多くの人が抱える悩みの一つ。

様々な原因が挙げられますが、基本的には体の歪みや姿勢・血流の悪さといった生活習慣によるものが多いと言われています。

そこでおすすめなのが、ヨガ。

体の歪みを改善することができ、その結果、姿勢や血流の悪さまで改善できるんです!

ヨガの中でも腰痛に効くポーズや動画をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

【動画紹介】腰痛に効くヨガ動画集

「Maison Coco」さんによるヨガ動画。

全ての動作を寝たまま行えるため、腰痛が酷くて座るのも辛いという方におすすめです。

ベッドの上、布団の上など寝る前にちょこっとできちゃいます^^

約8分と短いプログラムなので、ぜひ取り組んでみてください♪

続いては「B-life」さんによるヨガ動画。

約20分とやや長めの動画ですが、腰回りをゆっくりほぐしつつ腰痛改善をすることができます。

骨盤のゆがみも整うようなシークエンスのため、根本から改善したいという方には特におすすめ♪

休日など時間を取れるときに挑戦してみてください。

⇒腰痛改善のヨガレッスンも!おすすめの動画配信サービスTOP5

辛い腰痛を和らげる!効果的なヨガポーズ4つを紹介

チャイルドポーズ

ヨガのレッスンではよく休憩として使われるポーズ。

踵とお尻をくっつけるように小さく丸まるだけのポーズですが、腰へのストレッチ効果は抜群!

凝り固まった背中・腰回りの筋肉をほぐすことで腰痛が緩和される他、血流改善にも効果的と言われています。

反り腰の方には特におすすめです!

ねじりのポーズ

座った状態で体をねじるポーズ。

体のゆがみを改善・予防する効果があると言われています。

腰回りの筋肉をほぐすこともできるため、腰痛改善には非常に効果的。

腰部がじんわりと温まって、辛い痛みも和らぎますよ♪

キャット&カウのポーズ

四つん這いの状態で、体幹を上下させるやや動的なポーズ。

肩甲骨や骨盤周りを動かすため、上体の筋肉全体がほぐれ、血流がUPします♪

また、体を上下に動かすことで自身のニュートラルポジションを理解することもできます。

普段猫背気味であったり反り腰であったりする方は姿勢改善にも繋がるのでおすすめです。

三角のポーズ

両手両足を開いて行うダイナミックなポーズ。

体側を大きく伸ばすため、腰回りの筋肉をしっかりとほぐすことができます。

さらに腰痛の原因になりがちなお尻のコリも解消することも◎

筋力アップの効果もあるため、腰回りを強化もできちゃう優秀なポーズです^^

痛みがあるときは要注意!腰痛改善ヨガの注意点

腰痛を改善するためのポーズですが、腰回りに一定の負担がかかります。

上記でご紹介した「ねじりのポーズ」や「三角のポーズ」は、場合によっては痛みを感じるなんてことも。

そんな時は無理をせず、しっかりとお休みするのがおすすめです。

もしくは「チャイルドポーズ」や簡単なストレッチなど、難易度の低い動作のみを行うのがベター。

無理して取り組んでも改善はされませんから、体調と相談しながら取り組んでみてくださいね^^

「習慣」を改善して、腰痛とさよならしよう♪

以上、腰痛改善効果のあるヨガについてご紹介いたしました^^

辛い腰痛は毎日の動作に支障をもたらすだけでなく、筋肉バランスの悪化などさらなる不調を招く可能性があります。

取り返しがつかなくなる前に、ヨガで少しずつ改善してみてくださいね♪

また、腰痛を繰り返さないためには、姿勢やゆがみなど日々の意識が重要です。

足を組むのをやめる、立ち姿勢に気をつけるなど、ご自身の習慣を少しずつ変えてみてください。

きっと、辛い腰痛とさよならできますよ!

ブログ管理人が今通ってるホットヨガ教室

ヨガシェアリング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Rina

全米ヨガアライアンス認定インストラクター。 幼少期に新体操に取り組んだことがきっかけで、ヨガを学ぶ。 現在はヨガインストラクター、webライターとして活動中。